哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

加賀乙彦長篇小説全集
辻章著作集
川村湊自撰集
ジェンダー研究のフロンティア
知の攻略 思想読本



産業の新世界

【内容】
《産業の進歩など大衆にとって能書きにすぎないということに、だれもが気づいている。〔……〕なぜなら、そこでは産業が、数人の寵児を富裕にさせるために、勤労大衆すべてを貧窮に陥れているからである。》
初期資本主義の病巣を分析し、理想社会ファランジュの構築プランを描き出したフーリエの古典的名著。初版完訳版、ついに刊行!
フーリエ、生誕250周年。


《文明人は最近もまた新たに災禍に打ちひしがれているときに、完成可能性への飛翔を遂げていると認めさせられている。〔……〕わけても増加の一途をたどる公債という厄災が最たるものであり、ひとたび西洋人のあいだに戦争が起これば、そのせいで革命〔が頻発し〕、とうとう普遍的倒産に到ることになりかねない。
 他にもいろいろの気づかれざる禍根がある。商業の侵蝕が適例である。商業がすべてに跳梁するおそれがあり、ついに諸政府はそれにびくつきはじめている。ソシエテール理論だけがこの政治の巨人(タイタン)を打ち負かす手立てを教授できる。〔……〕
 私はここでいくつかの悪辣な職種、商業その他の化けの皮を?がざるをえないが、それにつけいっている人々をなじっているわけではない。間違っているのは、諸国民にぺてんの実践以外に財産の方途を切り開かず、悪徳へと押しやっている文明世界の政策だからである。》――本書「序文」より