哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



戦争と資本
グローバルな内戦と統合された世界資本主義

【内容】
〈世界内戦〉時代における「戦争論」

なぜ資本は、戦争を求め続けるのか?
世界的に注目される先鋭的な思想家による話題の書!

現在、グローバルな〈世界内戦〉という状態へと至った戦争体制が、いかなる資本のメカニズムによってなされたのかを、気鋭の思想家二人が初めて明らかにする。

本書は、〈世界内戦〉時代における「戦争論」である。したがって「戦争」とは、国家間の戦争のみならず、階級、宗教や文明、人種や民族、性やジェンダーなどをめぐる戦争、現在激化している「対テロ戦争」、つまりグローバルに発生している〈内戦〉のすべてである。
現在、右派ホピュリズムは、移民やイスラム教徒を敵として名指し、政治的ヘゲモニーを打ち立てようとしているが、その人種差別的・性差別的・外国人排除的なスローガンは、貧者の間の戦争を煽り立て、新自由主義の仕掛ける戦争を先鋭化している。

帝国主義戦争・総力戦から、冷戦へ、そして対テロ戦争、グローバルな内戦へ――戦争の体制は変容し、戦争と社会・国民との関係も大きく変化している。

戦争と資本の関係は、帝国主義・総力戦の時代については語られてきたが、現在の新自由主義・グローバル経済においては、明確にされていない。しかし資本と戦争が、いつの時代においても密接な関係にあり、資本は常に新たな戦争を求め、戦争抜きには存続しえないことは明らかである。
本書は、現在の〈世界内戦〉といわれる戦争状態が、なぜ発生しているか、その成り行きが今後の資本主義の行方、世界のあり方を決定することを明らかにする。

【[序文]より】
グローバルな内戦と統合された世界資本主義に関する“宣言”
(1)われわれは、新たな戦争機械の構築の時代に入ろうとしている
(2)現在、金融資本主義が、“グローバルな内戦”を引き起こしている
(3)世界中で“内戦の主体化”としての運動が巻き起こっている
(4)「内戦」と「戦争」をどう考えるか?
(5)経済とは、戦争の目的を別の手段により追求することである
(6)新たな植民地戦争は、世界の「中心部」で発生している
(7)通貨と戦争は、世界市場の軍事警察である
(8)戦争と通貨と国家は、資本主義を構成する存在論的力である
(9)資本主義のすべての岐路には「創造的破壊」ではなく“内戦”がある
(10)「本源的蓄積」は、資本主義発展が常に必要とする“継続的蓄積”である
(11)資本主義−工業主義と軍事主義との密接な関係を、マルクスは見過ごした
(12)資本の「歴史的超越性」――世界の“システマティックな植民地化”の作用主体としての資本
(13)資本/国家/軍隊の関係――労働の分業化は、兵士の専門職化とともに行なわれた
(14)民事/軍事、平和/戦争を統合した戦争機械が「統合された世界資本主義」を推進する
〈15〉「総力戦」体制によって、社会とその生産力の戦争経済への全面的従属が始まった
(16)“戦争福祉(ウォーフェア)”が“生活福祉(ウェルフェア)”を準備した
(17)「戦争」と「平和」は、いかなる相違もなくなった
(18)技術革新はすべて、冷戦−総力戦の「破壊のための生産」から/のなかで生まれた
(19)六八年の闘争が、単数の「戦争」から複数の「戦争」への理論的・政治的移行を可能にした
(20)フーコーとドゥルーズ・ガタリは、“戦争”と“政治”の概念の根本的に変えた
(21)ハイパーテクノロジー戦争は、技術機械と戦争機械を融合しようとしたが瞬く間に瓦解した
(22)「民衆のなかの戦争」──分割された民衆の生政治の現実的内容に対応して諸戦争は出現する
(23)民衆のなかの民衆に対する戦争は、ネオリベラリズムと負債経済のもとに開始された
(24)資本主義的戦争機械とネオファシズム的戦争機械の収斂と分岐は、内戦の進行に規定される
(25)資本は構造やシステムではなく“戦争機械”であり、経済・政治・技術などすべてが含まれる
(26)資本は「エコロジー危機」を利用して、地球全体の商品化を完遂しようとしている
(27)資本の論理は無限の価値化のロジスティクスであり、経済にとどまらない権力の蓄積していく
(28)資本の権力の第一の機能は、“内戦”の存在をその記憶にまで遡って否定することである
(29)本書の目的は、多数多様な形で進行中の本当の戦争の「うなり声」を聞かせることである
(30)対抗しうるのは「抵抗」という現象でしかありえない