哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



アメリカ侵略全史
第2次大戦後の米軍・CIAによる軍事介入・政治工作・テロ・暗殺

【内容】
史上最悪の“ならず者国家”は米国だ! 暗黒の歴史のすべてを暴いた“全世界で唯一の書”世界10カ国で翻訳刊行

オリバー・ストーン(映画監督)
「米国の〈民主主義神話〉を徹底的に粉砕する“爆弾”! 私が米国を考察する基礎資料だ。あなたには読む勇気があるか?」

ノーム・チョムスキー(言語学者)
「史上最悪の“テロ国家”“ならず者国家”が米国であることを明らかにした書。政治学者の誰もが書けなかった、後世に残る真の米国外交史!」

いかに米国は、世界の人々の“希望”を圧殺してきたか? クーデター、社会不安定化、選挙工作、死の部隊、虐殺者の養成、拷問、洗脳、テロ、暗殺、麻薬密売、拉致、盗聴……

本書は、米国で「最も検閲を受けたジャーナリスト」と言われる著者ウィリアム・ブルムが、50年近くにわたって綿密に調べ上げた、米国による第2次大戦以降の侵略行為の包括的な歴史である。
ここには、米国が「民主主義」の名のもとに、世界の“民主主義の希望”を、いかに残虐な方法で圧殺してきたかが、完膚なく明らかにされている。
他に類のない書として、世界10カ国で翻訳刊行され、米国の真の姿を知るための基礎資料として、高い評価を得ている。


【内容目次】
[新版への序文]アメリカは常に「敵」を求めている─―共産主義者からジハーディストヘ、そして……
[序文]第二次大戦後、米国は世界の人々に何をしてきたのか?
第1章 中国 1945年〜1960年代──毛沢東は、パラノイアに冒されていただけなのか?
第2章 イタリア(1)1947〜1948年──ハリウッド・スタイルの自由選挙
第3章 ギリシャ(1)1947年〜1950年代初め──誕生した“民主主義国家”が、“雇われ国家”に変貌するまで
第4章 フィリピン 1940年代〜1950年代──アメリカの最も古い植民地
第5章 朝鮮 1945〜1953年──事態は見えていたままのものだったのだろうか?
第6章 アルバニア(1)1949〜1953年──由緒正しき英国人スパイ
第7章 東ヨーロッパ 1948〜1956年──「オペレーション・スプリンター・ファクター」
第8章 ドイツ 1950年代──青少年の非行からテロリズムまで、何でもあり
第9章 イラン 1953年──「王の中の王」の安全を求めて
第10章 グアテマラ(1)1953〜1954年──世界が見ている目の前で
第11章 コスタリカ(1)1950年代半ば──同盟者の追放計画・パートT
第12章 シリア 1956〜1957年──新しい政府を購入する
第13章 中東 1957〜1958年──アイゼンハワー・ドクトリンが、“米国の裏庭”をもう一つ要求する
第14章 インドネシア(1)1957〜1958年──戦争とポルノグラフィー
第15章 西ヨーロッパ 1950年代〜1960年代──前線のなかの前線のなかの前線
第16章 英領ギアナ 1953〜1964年──CIAの国際労働組合マフィア
第17章 ソヴィエト連邦 1940年代後半〜1960年代──スパイ飛行から書籍出版まで
第18章 イタリア(2)1950年代〜1970年代──ローマ・カトリック枢機卿による孤児たちとテクノ・ファシズムの支援
第19章 ベトナム 1950〜1973年──「ハーツ&マインズ」をめぐるサーカス
第20章 カンボジア 1955〜1973年──シハヌーク殿下の中立主義
第21章 ラオス 1957〜1973年──秘密軍隊
第22章 ハイチ(1)1959〜1963年──海兵隊、再び上陸
第23章 グアテマラ(2)1960年──素敵なクーデターのご褒美に、もう一つクーデターを
第24章 フランス/アルジェリア 1960年代──L'etat, c'est la CIA(国家、それはCIA)
第25章 エクアドル 1960〜1963年──汚い策略の教科書
第26章 コンゴ 1960〜1964年──「アフリカの希望」の抹殺
第27章 ブラジル 1961〜1964年──「死の部隊」による“素晴らしい新世界”へようこそ
第28章 ペルー 1960〜1965年──「フォート・ブラッグ」、ジャングルへ
第29章 ドミニカ共和国 1960〜1966年──共産主義の脅威から民主主義を守るために、民主主義を破壊する
第30章 キューバ 1959年〜1980年代──許されざる革命
第31章 インドネシア(2)1965年──スカルノ大統領と五〇万人を……片付ける
第32章 ガーナ 1966年──クワメ・エンクルマの戦線離脱
第33章 ウルグアイ 1964〜1970年──拷問──アップルパイと同じくらい米国的なこと
第34章 チリ 1964〜1973年──“鎚と鎌のシンボル”が、おでこに焼印された子どもたち
第35章 ギリシャ(2)1964〜1974年──「お前らの議会も憲法も、クソ食らえだ」と米大統領は罵った
第36章 ボリビア 1964〜1975年──クーデターのメッカで、チェ・ゲバラを処刑する
第37章 グアテマラ(3)1962年〜1980年代──知られざるもう一つの「最終解決」
第38章 コスタリカ(2)1970〜1971年──同盟者の追放計画・パートU
第39章 イラク(1)1972〜1975年──秘密工作を布教活動と混同してはならない
第40章 オーストラリア 1973〜1975年──また一つ、自由選挙が挫折した
第41章 アンゴラ 1975年〜1980年代──超大国と超大国によるポーカーゲーム
第42章 ザイール 1975〜1978年──モブツとCIA──天国での結婚
第43章 ジャマイカ 1976〜1980年──キッシンジャーの最後通牒
第44章 セーシェル 1979〜1981年──もう一つの最重要戦略地域
第45章 グレナダ 1979〜1984年──“嘘つき”──ワシントンの数少ない成長産業
第46章 モロッコ 1983年──卑劣なビデオ
第47章 スリナム 1982〜1984年──再び、キューバの悪鬼
第48章 リビア 1981〜1989年──ロナルド・レーガン、好敵手を得る
第49章 ニカラグア 1978〜1990年──真綿で首を絞めるような不安定化工作
第50章 パナマ 1969〜1991年──我らが麻薬提供者への裏切り工作
第51章 ブルガリア/アルバニア(2)1990〜1991年──共産主義者に民主主義の神髄を教える
第52章 イラク(2)1990〜1991年──砂漠のホロコースト
第53章 アフガニスタン 1979〜1992年──アメリカによるジハード
第54章 エルサルバドル 1980〜1994年──ワシントン・スタイルの人権
第55章 ハイチ(2)1986〜1994年──誰がこの男を取り除いてくれるか?
第56章 アメリカ 1992年〜現在──冷戦の終結と“新たな冷戦”
補章 他のアメリカによる侵略の一覧 1945年〜現在──もうあなたの国にも訪れている……
[付録1]CIAからの資金の流れ
[付録2]第二次大戦以前の米国による軍事行使 1798〜1945年──「米国市民を守り、米国の権益を増進するために……」 [付録3]アメリカによる暗殺計画 1949〜2003年──「国家間には文明的な振舞いが期待される……」


【著者略歴】
ウィリアム・ブルム(William Blum)
1933年、ニューヨーク生まれ。米国政府の対外政策を、一貫して批判的に分析・報道しつづけているジャーナリスト。米国で最も「検閲」を受けた報道人と称される。
1960年代半ば、米国務省の外交担当部門に勤務。当初は反共派で、外交官を目指していたが、ベトナム戦争の真実を内部情報で知り幻滅し、1967年辞職。米国の国家犯罪を明らかにするために、ワシントン初の独立系の新聞を創刊するが、FBIの圧力で廃刊となった。1969年、秘密に包まれていたCIAの内部を暴く告発書を刊行。200人以上の工作員の名前と住所を公開して波紋を呼んだ。
その後、米国や欧州、南米などで、フリー・ジャーナリストとして活動し、1972〜73年には、チリでアジェンデ政権の「社会主義の実験」とCIAが計画したクーデターによる崩壊をリポートし、世界に真実を訴えた。
1980年代には、映画監督オリバー・ストーンとともに、米国外交の真実についてのドキュメンタリー映画の製作にも乗り出している。
1998年に発表した、米国がイラクに生物・化学兵器の原料を提供していたという記事は、米国で「最も検閲を受けた事実」として、「模範的ジャーナリスト賞」を授与された。
邦訳書に『アメリカの国家犯罪全書』(作品社)がある。