哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



ドゥルーズ『差異と反復』を読む

【内容】
万人に開かれた明快なるドゥルーズ哲学への本格的入門書

現代思想において極めて重要なドゥルーズ哲学の核心をなす『差異と反復』。
本書は、この難解をもって知られるテキストを、哲学に関心をもつ一般の読者にもわかるように、図式的かつ体系的に再構成して描き出す。
まず『差異と反復』で語られた思想の大まかなイメージをつかむことから始め、「強度」「特異性」などの専門用語を一つひとつ丁寧に説明し理解を深めていき、最後にこの書の哲学上の意味と位置づけを明らかにする。

「『差異と反復』で繰り広げられた理論(それは「先験的経験論」と呼ばれる)は、単に諸概念をテクニカルに操作するだけで築き上げられ現実から著しく乖離した空理空論ではない。むしろ逆に、それは、われわれが現実におこなっている認識のプロセスを、自然科学のように実験や観察によってではなく、純粋な論理的思考をたよりに深く探究しようとする試みにほかならない。したがって、『差異と反復』の理論をめぐる抽象的な議論に終始することなく、その議論は具体的にはどういうことなのかとたえず自問しながら、抽象的な議論をとおして具体的な事象にアクセスしなければならないのだ。 そのさい、『差異と反復』の理論をできるかぎり図式的かつ体系的に描き出すことを目指した。」【本書「はじめに」より】