哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆




新訳 初期マルクス ユダヤ人問題に寄せて/ヘーゲル法哲学批判‐序説

【内容】
なぜ“ユダヤ人”マルクスは、『資本論』を書かなければならなかったのか? この世に、宗教と金儲け主義がはびこる不思議。そして、私たちの社会にとっての本当の「公共性」、真の意味での「解放」、「自由」とは何か? この難問に立ち向かったのが青年マルクスであった。現代社会の根本問題――“レ・ミゼラブル”は救えず、貧富の格差がますます拡大する強欲資本主義の謎――を解く“鍵”と“答え”、それこそが、《プロレタリアート》発見の1844年に出版された、この二論文にある。【付】原文、解説、資料、研究編