哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



老人の美しい死について

【内容】
人生の終末に、あえて自ら死を選んだ三人の老人。
・実直に脇役を務め上げた、
84歳の歌舞伎役者・市川団蔵(八世)。
・家族を守るため働きづめに働いた、
64歳の農婦・木村セン。
・『資本論』の名翻訳者である、
79歳のマルクス学者・岡崎次郎。

自らの仕事を“天職”と心得て、心に秘めた強い意志をもって生き抜かれた果ての自死。明治人の“美しき生と死”を通して、現在の生のあり方を問う