哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



旅にしあれば

【内容】
世を捨てて郷里の山際に一人住む初老の女。男女の交わりに根差すつらい想い出を背景に、天地の間に一人身を置く平安と寂しさを端正な文体で描く、小島信夫文学賞受賞の名作『真葛が原』待望の姉妹篇。

【著者紹介】
1928年、千葉県生まれ。早稲田大学国語国文科専攻課卒業。文芸同人誌「文学者」「きゃらばん」「三田文学」などに作品を発表。第20回北日本文学賞受賞。著書に『真葛が原』、『片陰の町』、『手賀沼』、『浅茅が宿』(以上作品社)などがある。