哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



われは蝸牛に似て

【内容】
本書は氏の文学的自叙伝を中心に、単行本・全集未収録の作品のなかから選び抜いた作品集。 全身を似て己が行跡を書き留める「最後の文士」の凄絶な遺作。

【内容目次】
異物
浮巣
青い儀式
恵山岬
家出話

われは蝸牛に似て
あとがき・・・・・・八木正子
初出掲載。

【著者紹介】
八木義徳1911年、室蘭生まれ。1938年、早稲田大学文学部卒業。1944年、『劉廣福』で第19回芥川賞受賞。77年、『風祭』で読売文学賞、88年、日本芸術院恩賜賞、90年、菊地寛賞受賞。89年より日本芸術院会員。主な著書『遠い地平線』(新潮社)、『八木義徳全集』(福武書店)他。99年11月9日、逝去。 八木義徳文学館:芥川賞作家八木義徳氏のプロフィール、著作リスト、アフォリズム集など。