哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



桐山襲全作品1

【内容】
高揚せる(あるいは、深く絶望せる)決起が詩的であるとすれば、桐山の散文は粘り強い抵抗ではなかったか。「現在に対する憎しみ」に身を焦がしながら、来たるべきものを忍耐強く準備すること――桐山の体現した姿勢は、「現在」の不愉快さが極限に達した今日にあってこそ、求められている。本全集は、われわれが引き継ぐべきものの全容を余すところなく示してくれるであろう。──白井聡

疾風のように時代を駆け抜け、鮮烈な痕跡を刻んだ桐山襲の軌跡!──1983〜87
未発表作品「祭りの準備」収録

【収録作品】
1 小説・戯曲
祭りの準備(未発表作品)
パルチザン伝説
亡命地にて
スターバト・マーテル
風のクロニクル
戯曲 風のクロニクル
旅芸人
地下鉄の昭和

2 評論・エッセイほか
『パルチザン伝説』の海難
死者と共に提出した〈戦後の総括〉
『白樺の林に友が消えた』
消えた喫茶店
声明
〈雪穴〉の向うに
バリケードの喪失と持続
虹の力にみちびかれながら
想像力は何を変革しうるか?
魂を売り渡さない者たちの深く静かな怒り
「パルチザン伝説」事件ほか