哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



トロアスの港

【内容】
富岡幸一郎氏(文芸評論家)推薦の辞
古い城下町にある教会。春の陽が射すこの牧歌的な風景のなかに、アメリカの神学校を出た一人の日本人牧師がやって来る。ベートーベンの『月光』の調べは、この来訪する神の使いの秘められた来歴を物語る序曲となる。計り知れない神の愛は、弱き人にとってはひとつの受難となるのか。読み進めるなかに、プロローグの悲劇がよみがえりつつ、静かな救済のドラマへと変わっていく。作者の筆致そのものがその時、或る伝道の調べとなる。