哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



アスカロン、起源の海へ

【内容】
生命の根源に向かう旅、人類が歩んできた行程を問う旅
植島啓司氏激賞!

摂食障害を治療する医師とその患者らによる、人類の文明/宗教/文化の来し方そして行く末を訪ねる対話篇。現役の心療内科医が著した、鮮烈な書き下ろし長篇小説。

「心療内科医として精神病棟に勤務し、患者らと交流を深めてきた著者にしか書けないストーリー。摂食障害、リストカットといったテーマはきわめて今日的ですが、たとえば拒食症について、著者は「この世のなかでうまくやっていくために自分のなかに取り込んだ、不純なものをすべて捨て去る」行為と理解してあげようとします。あくまでもその視線はやさしい。みなさんは生命の根源に向かう旅、人類が歩んできた行程を問う旅に出ることになるでしょう」植島啓司(宗教人類学)
【著者略歴】
大谷純(おおたに・じゅん)
1954年鳥取県生まれ。岡山大学医学部卒業。医学博士。内科医として勤務後、東邦大学大森病院心療内科で心身医学を学ぶ。横浜相原病院心療内科部長、JICA 本部メンタル分野顧問医、人間総合科学大学大学院教授などを経て現在社団大谷医院理事長。現代文芸研究所出身。著書に『摂食障害病棟』(作品社)、『癒しの原点』(日本評論社)、『プライマリケアと心身医療』(新興医学出版社)、共著書に『行動科学概論』、『心身医学』(以上筒井末春と共著、紀伊國屋書店)など多数。