哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



鏡の森

【内容】
過去への遍歴を通じて自らの魂の軌跡を描く、自伝風小説。 大手新聞社の整理部に務める霧原昭平。社内は、もっぱら「Xデー」、そして活字が消える「Yデー」の話題でもちきりだった。昭和という時代と共に生きてきた昭平にとって、それは自分が生きてきた時代のひとつの終わりを意味していた。そんな折り、昭平は突然精神に異変を来す。鏡の森のような錯綜とした過去へと迷い込み彷徨する昭平。過去への旅は果てしなく続いていく――。