哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



シャーマンが歌う夜

【内容】
水のイメージ、アジアの風、異国の男たち、女たち……。祈りのように、歌のように紡ぎだされる物語の数々。すばる文学賞受賞の気鋭による、短篇・掌編小説12作を収録した、著者初の短篇集。

【内容目次】
象の回廊/S・O・S/水槽の魚/シンメトリーライフ/熊の行進/亡命者/ブルックリンの夜風/孤島の恋愛事情/ニュピの手帳/シャーマンが歌う夜/夢案内人/貝殻

【著者紹介】
中上紀(なかがみ・のり)小説家。1971年生まれ。99年「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞。著書に『イラワジの赤い花』、『彼女のプレンカ』、『水の宴』(以上集英社)、『パラダイス』(恒文社21)、『悪霊』(毎日新聞社)、『アジア熱』(太田出版)『いつか物語になるまで』(晶文社)、『夢の船旅』(河出書房新社)『再びのソウル「記憶」』、『RIO――リオ 旅に出た川』(ともに共著、アートン)などがある。