哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



ペニスの文化史

【内容】
本書は、民族学・歴史学・神話学・医学・心理学・芸術など、多岐にわたる学際的研究である。この男性の肉体の一部が、人類のさまざまな文明や文化を通じて、信仰の対象とされ、悪魔の道具とされ、まさに世界の神秘の中心課題の一つとして考察されるとともに、神が人類に与えたもうた最良の「玩具」として愛されてきたかを、世界で初めて文化史として一冊にまとめたものである。

【内容目次】
 序文
第T部 その働きの、すこやかなる時
  第1章 ペニスとは、どんなものか?
   1.ペニスの解剖学 ―― その構造はどうなっているのか?
   2.ペニスの統計学 ―― 気になるそのサイズは?
   3.ペニスの生理学 ―― その機能は?
  第2章 ペニスの神秘に対する崇拝
   1.陽根(ファルス)崇拝
   2.ヨーロッパのファルス信仰「プリアポス」
   3.インド・マハラジャの家伝の宝石
   4.勃起のメカニズムを解明したダ・ヴィンチ
第U部 その働きの、すこやかならざる時
  第1章 かつては、働きものだったのに ―― 突発性勃起障害
   1.肉体的な原因
   2.心理的原因
  第2章 まったく駄目 ―― 恒常性勃起障害
   1.でも、なんとかしたい!
   2.薬物治療と心理治療
   3.カップル・カウンセリング
第V部 そのサイズにまつわる歴史
  第1章 古代ギリシャの青年
  第2章 南米、デサーナ・インディオ
  第3章 貴市の自慢のブラゲット ―― 中世ヨーロッパ
  第4章 『千夜一夜物語』
  第5章 アラビアの性愛指南書『匂える園』
  第6章 古代中国の性愛研究者
   1.『素女妙論』
   2.『肉蒲団』
  第7章 アラブ・イスラム文化の男性像
   1.エジプト『結婚の夜』
   2.『匂える園』
  第8章 『カーマー・スートラ』 ―― 4世紀インド
   1.異なったサイズの組み合わせみ応じた快感
   2.リンガを大きくする方法
  第9章 『アナンガ・ランガ』 ―― 16世紀インド
  第10章 ヒンズーの苦行者(サドゥー)
  第11章 「コロ」あるいは「ペニスが縮む病気」
  第12章 なぜ”大きい”ことは”いいこと”なのか?
   1.ペニスの生物学的進化
   2.子ども ―― 若者 ―― 成人 ―― ペニスの成長物語
  第13章 自分のが、とても小さいと思われる時
   1.そして、本当に小さい時
   2.正常な大きさなのに ―― 「矮小ペニス・シンドローム」
  第14章 ニコラ・ヴナット ―― ペニスのサイズに関する理論科学者
  第15章 歴史のその名を残すペニス
   1.エジプトの神、オシリス
   2.『死者の書』、ミン神
   3.古代ギリシャ・ローマの神、プリアポス
   4.仏皇帝のペニスに触れると「大逆罪」
   5.ルイ13世の「おちんちん」
   6.ナポレオンのフォルマルリン漬けペニス
   7.国民的英雄ヴィクトル・ノワールのズボンの膨らみ
   8.その他の歴史的ペニス
  第16章 もっと大きなものを持ちたい
   1.「普通サイズ」だと思ってはいても
第W部 その装飾品と形態
  第1章 ペニス・ケース
  第2章 コンドームの歴史
  第3章 形態的異常 ―― 曲がっている
   1.ずっとそうだった
   2.まっすぐだったのに、曲がってきた
  第4章 包皮の問題
   1.包茎
   2.包皮小帯が短い
   3.吹き出もの
  第5章 膿が出たり、焼けつくように痛む
第X部
  第1章 割礼
   1.エジプト
   2.ユダヤ人の割礼
   3.アラブ・イスラエル教徒の割礼
   4.キリスト教徒
   5.通過儀礼
  第2章 上部割礼
  第3章 尿道割礼
   1.ペニスからの流血の儀式
   2.現代の北米で行われている尿道割礼
  第4章 陰部封鎖
  第5章 性器のピアス
   1.プリンス・アルバート型
   2.アムファラン型
   3.アパドラヴヤ型
   4.ディドウズ型
   5.フラン型
   6.プレピュス型
   7.ギッシュ型
   8.ハファダ型
  第6章 ペニスへの異物の埋め込み
  第7章 ペニス切除
   1.切断ペニスの防腐処理
   2.戦利品としてのペニス
  第8章 陰嚢への食塩水の注入
  第9章 睾丸の切除
   1.片方だけの切除
   2.両睾丸切除、または去勢
   3.キュベレとアティスの伝説
   4.エロイーズとアベラール純愛と去勢
  第10章 ペニスの「骨折」
第Y部 精液の文化史
  第1章 精子の発見
   1.魂のエッセンス
  第2章 マハラジャの精子の管理者、ガチカ
  第3章 長寿の霊薬としての精液 ―― 古代中国
  第4章 フェラチオのイニシエーション ―― ニューギニア
   1.人間のはじまりの神話
   2.うなぎタブーの神話
  第5章 コントロールできない「喜びの爆発」
第Z部 奇妙な、あるいは異様なる習慣
  第1章 ファルスの誓い
  第2章 悪魔と魔女
   1.悪魔のペニス
   2.魔女の、生きた男のペニスのコレクション
  第3章 露出症
  第4章 ある「病気」の発明
   1.マスターベーションと古代人
   2.「オナニズム」から「マスターベーション」へ
   3.医学の手に渡ったマスターベーション
   4.マスターベーションと性科学
  第5章 原始社会と性交の体位
第[部 現代美術からの視線
  第1章 ミシェル・ブロンデル
  第2章 Grrr
  第3章 ベルナール・デュヴェール
  第4章 ミシェル・ジュルニアック
  第5章 テツミ・クドー(工藤哲巳)
  第6章 ロバート・メイプルソープ
  第7章 ジョエル・ピーター・ウィトキン
結語
謝辞
仏日比較・「ペニス」を呼ぶ言葉
訳者あとがき
参考文献一覧

【著者紹介】
マルク・ボナール:心理学者。男性心理・男のセクシャリティ研究のフランスにおける権威。著作を数多く世に出している。
ミッシェル・シューマン :医学博士(泌尿器科)。フランスをはじめ世界で活躍している。カナダ性科学研究所の医学部長。