哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



無限の網 草間彌生自伝

【内容】
幼少時より強迫神経症に悩まされながら、五〇年代後半に単身アメリカに渡り、アンデイ・ウォーホルやダリ等との交流のもとハプニングの女王として時代を席巻した乱交パーティと芸術創造の日々を赤裸々に描く、国際的造形作家による初の瞠目の自伝。

【内容目次】
第一部 ニューヨークに渡って
前衛アーチストとしてのデビュー 1957〜1966
第二部 故国を去るまで
      画家への目覚め 1929〜1957
第三部 反戦と平和の女王となって
      スキャングラスなハプニングの仕掛け人 1967〜1974
第四部 私の出会った人、愛した人
      ジョージア・オキーフ、ジョゼフ・コーネル
      アンディ・ウォーホル 他
第五部 日本に帰ってから
      日本から発信する世界のクサマ 1975〜2002