哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



血の玉座 黒澤明と三船敏郎の映画世界

【内容】
黒澤映画における、三船敏郎の存在理由とはいかなるものか。その映像の中で、分身/門/拠り代とは何を意味しているのか。画面の精緻な読解から、作品の新たな読みを提示する本格評論。黒澤明生誕100年、三船敏郎生誕90年記念出版!

【内容目次】

クリーチャーからエイリアンへ――三船敏郎の初期黒澤映画的位置
ボディ・ダブル――黒澤的分身の成り立ち
「門」と「拠り代」――黒澤映画の空間構造
血の玉座――『蜘蛛巣城』論
犬、天使、悪人――「黒澤明と三船敏郎」作品解説
あとがき

【著者紹介】
上島春彦(かみじま・はるひこ)1959年生まれ。映画評論家。著書に、『レッドパージ・ハリウッド』(作品社)、『宮崎駿のアニメ世界が動いた』、『60年代アメリカ映画』(共著)、『モアレ』など。