哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



話題の本

灰緑色の戦史


大木毅
本体 2,800円

シュリーフェン計画、電撃戦から、最後の勝利「ゼーロフ高地の戦い」まで、その“勝利”と“失敗”の本質から学ぶ。戦略の要諦、用兵の極意、作戦の成否。独自の視点、最新の研究、ドイツ連邦軍事文書館などの第一次史料の渉猟からつむがれる「灰緑色」の軍隊、ドイツ国防軍の戦史。
重版決定!



名探偵ホームズ全集 第一巻


コナン・ドイル原作 山中峯太郎訳著 平山雄一註
本体 6,800円

昭和三十〜五十年代、日本中の少年少女が探偵と冒険の世界に胸を躍らせて愛読した、図書館・図書室必備の、あの山中峯太郎版「名探偵ホームズ全集」、シリーズ二十冊を全三巻に集約して一挙大復刻! 小説家・山中峯太郎による、原作をより豊かにする創意や原作の疑問/矛盾点の解消のための加筆を明らかにする、詳細な註つき。ミステリマニア必読!
重版出来!



赤松小三郎ともう一つの明治維新


関良基
本体 1,800円

隠された幕末維新の真実。坂本龍馬より時代に先駆け、維新直前に暗殺された、大政奉還の隠れた立役者の実像! 赤松が生きていれば、日本はまったく異なる近代史を歩んでいた……。大政奉還150周年記念。
重版出来!



用兵思想史入門


田村尚也
本体 2,800円

あらゆる戦いの勝・敗を決める究極のソフト、それは、「用兵」である。用兵を知らなければ、真の戦略・作戦・戦術を語れない。なにより、歴史を語れない。古代メソポタミアから現代アメリカの「エアランド・バトル」まで、人類の歴史上、連綿と紡がれてきた過去の用兵思想を紹介し、その基礎をおさえる。また、近年、アメリカや西欧で注目されている用兵思想を、我が国で初めて本格的に紹介する入門書。【図版多数】
3刷決定!



創造元年1968


笠井潔 押井守
本体 1,800円

文学、メシ、暴力、エロ、SF、赤軍、ゴジラ、神、ルーザー、攻殻、最終戦争……、〈1968年〉。あの時代、同じ空気を吸っていたクリエイター二人が、当事者として語る貴重な時代の証言と“創造”の原風景、そしてそこから逆照射される〈今〉。あれから、半世紀をへた、この国とTOKYOの姿を、徹底的に語り尽くす。
重版出来!



ストーナー


ジョン・ウィリアムズ
本体 2,600円

これはただ、ひとりの男が大学に進んで教師になる物語にすぎない。しかし、これほど魅力にあふれた作品は誰も読んだことがないだろう。――トム・ハンクス。半世紀前に刊行された小説が、いま、世界中に静かな熱狂を巻き起こしている。名翻訳家が命を賭して最期に訳した、“完璧に美しい小説”
【第一回日本翻訳大賞「読者賞」受賞!】
13刷決定!




作品社イチオシの本

田川建三訳著 『新約聖書 訳と註』(全7巻・8冊)

一語、一句原文を精査校訂、 現代の「日本語訳・新約聖書」の 定本となる画期的訳業!

明治以来、新約聖書のさまざまな日本語訳の試みが行われてきました。日本聖書協会に限っても、文語訳、口語訳、共同訳そして新共同訳と、何回かの改訂がなされています。現在最もスタンダードな聖書として流通している「新共同訳」は、プロテスタントとカトリックとの共同作業によるものですが、諸所に護教的な「解釈」が盛り込まれていること、そして古代文献の翻訳に必須の訳註がついていないこと等の欠点があります。
 そうした背景のもと、今回の「田川建三個人訳」は、いわゆるキリスト教会のドグマから完全に自由で、かつ、徹底した正文批判がなされ、一つ一つの語義・語釈についても詳細な註釈が施されています。本書により、名実ともに世界に通用する日本語訳「新約聖書」が誕生したこととなります。

●本叢書の特徴
*不要な解釈や護教的読み込みを排して、できる限りギリシャ語原文そのままに日本語に移し替えた。
*既存の訳と異なる場合は、「註」において、どういう理由で異なる訳が生じるのか、そのつど丁寧に記した。
*できる限り多く、正文批判に言及した。また、正文批判の実例も紹介するべく努めた。
*異なった解釈が可能な場合は、それぞれの解釈の長所短所(文法的、語義的、歴史的な妥当性)をすべて 列挙するようにした。
*一つの訳語では原語の意味を正確に表現できない場合は、それぞれの単語本来の意味を丁寧に説明した。
*各文書の書かれた時代的状況、背景に関する最小限の解説を付した。
*固有名詞については最小限の説明を付した。

 【第一巻】マルコ福音書/マタイ福音書(既刊)
 【第二巻上】ルカ福音書(既刊)
 【第二巻下】使徒行伝(既刊)
 【第三巻】パウロ書簡 その一(既刊)
 【第四巻】パウロ書簡 その二/擬似パウロ書簡(既刊)
 【第五巻】ヨハネ福音書(既刊)
 【第六巻】公同書簡/ヘブライ書(既刊)
 【第七巻】ヨハネ黙示録(2017年夏刊行予定)

*【第五巻】は当初「ヨハネ福音書/公同書簡」の予定でしたが、註の分量が大幅に増えたため「ヨハネ福音書」のみとなります。これにより、「ヘブライ書/ヨハネ黙示録」の予定だった【第六巻】が「ヘブライ書/公同書簡」に、「ヨハネ黙示録」が【第七巻】になりました。また、それぞれの刊行も当初予定より遅れることになりました。読者の皆様にはご迷惑をおかけし、たいへん申し訳ありません。(2012年10月29日)
*【第七巻】ヨハネ黙示録は、2017年夏刊行予定となりました。再三の延期、申し訳ありません。