哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆




WTO徹底批判!

【内容】
現在、アメリカを中心とするグローバリゼーションに反対する声は、オサマ・ビンラディンや一部のテロリストだけではなく、全世界の一般の人々から上がっています。1999年11月、アメリカ・シアトルで開かれた「WTO」(世界貿易機関)の閣僚会議には、世界各地から数十万人の市民が集まり、空前のスケールの反対行動が展開されました。結果、会議は失敗。この模様は全世界に報道され、以降、グローバリゼーションに対する地球規模の批判の声が巻き起こっているのです。
本書は、そのグローバリゼーションを推進する中心機関であるWTOとは何か? そして、なにが問題なのか? を、世界的に著名な研究者であり、世界的な反グローバリゼーション運動の中心的人物であるスーザン・ジョージがまとめた初めての解説書です。

【内容目次】
親愛なる日本の友人達へ――日本語版序文にかえて/はじめに/規則は、誰によって、何のために決められるのか?/WTOという組織の誕生/WTOについての基礎知識/WTOは民主主義か?/WTOはどんなことをしているのか?/WTOの大原則/「比較優位」から「底なしの競争」へ/技術的貿易障壁に関する協定(TBT)と衛生植物検疫措置に関する協定(SPS)/知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)/紛争解決期間(DSB)/「ホルモン牛肉」のケース/マラケシュのいかさま/DSBの決定の代表例/バナナの皮(卑怯な策略)/脅かしも技法のうち/農業に関する協定(AOA)/「サービス貿易に関する一般協定」(GATS)の決定的争点/反撃――馬鹿は黙ってろ/どのようなサービスがふくまれるのか?/サービスの提供「モード」/給与をいかに引き下げるか?/約束/誰が何を望んでいるのか?/ささやかなテクスト解釈――GATSのもっとも危険な条項/「公共サービス」とは何か?/「必要性」がWTOを支配する/停止状態の保護(セーフガード)/補助金よさらば――第15条/「約束された諸領域」の条件/制限なし/国は意見を変えてもよいか?/自由化への別の大きな道/カタールの争点/正当かつ公正な貿易へのいくつかの提言/総論にかえて/補論 WTOの新展開――カタール・ドーハでの第4回閣僚会議の総括/シアトルからドーハへ――自由主義の強行軍/勝者、敗者、そのほか/「作業プログラム」/肯定すべき一点/砂漠からの脱出?/解説/訳者あとがき

【関連書籍】
スーザン・ジョージ マーティン・ウルフ著・杉村昌昭訳『徹底討論 グローバリゼーション
スーザン・ジョージ著・杉村昌昭、真田満訳『オルター・グローバリゼーション宣言