哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



〈未来像〉の未来
未来の予測と創造の社会学

【内容】
「今こそ社会科学は、〈未来〉を考える時である…」
ジョン・アーリ遺作

新たな社会科学のパラダイムを切り開いた“アーリ社会学”の最後の課題は〈未来〉だった!

ジョン・アーリは、2015年、ランカスター大学に「社会未来研究所」を設立し責任者となり、人生の最後の時間を“未来研究”にかけ、翌年の2016年に亡くなった。
本書は、その最後の研究成果として結実したものである。

 社会科学は、これまで〈未来〉について論じることから逃げてきた。
 未来については、技術決定論が幅を利かせ、社会科学がまともに取り扱ってこなかった。しかし、国家や企業、技術者に委ねてすむ問題ではない。さまざまな“社会的未来像”が、現在の人々の生活を決定づけている。そして今、多くの人々が、より良きそれを求めている。未来像を予測するのに適した理論や研究は、社会科学にも数多く存在する。われわれは、それらを検証し、再び“社会的未来像”を展開させなくてはならない。
 今こそ〈未来〉を考える時であり、社会科学は機を逸してはならない。(序章より)


【内容目次】
第1部 〈未来〉の歴史
これまで、著述家・未来学者・技術者・思想家たちが、いかに〈未来〉を予測し、想像し、生み出してきたかを、ユートピアやディストピアを含めて明らかにし、図式化していく。

第2部 複雑系と〈未来〉
複雑性思考、とりわけ経路依存性、ロックイン、正フィードバックループ、閾値、ティッピング・ポイント、相転移などの概念を用いて、決定論と開放性の間で揺れ動く〈未来像〉に対して舵取りを行なう。

第3部 〈未来〉のシナリオ
現在、影響力のある〈未来像〉をケーススタディし、それらのシナリオについて、異なる未来像の相対的な可能性を、予測から逆算することによって評価する。そして最後に、複雑系の思考によって、未来を作りだす分野横断的な研究を遂行する能力を発展させる必要が強調される。

【著者略歴】
ジョン・アーリ(John Urry)
1946〜2016年。ロンドン生まれ。英国の社会学者。ランカスター大学社会学科教授(distinguished professor)、英国王立芸術協会のフェローなどを務めた。21世紀における「移動」をめぐる新たな社会科学の中心的人物として、世界的に著名。
日本でも『観光のまなざし』『場所を消費する』『社会を越える社会学』『モビリティーズ』などの邦訳で広く知られ、その著作について、社会学者の北田暁大は「具体性と抽象性を往還するなかで理論が生成していく現場を読者は目撃することになる。……スリリングであると同時に論争的でもある」と評し、作家の村薫は「20世紀を生きた者なら誰でも身体感覚としてもっている感覚を初めて言葉にしてもらった驚き」と述べるなど、アカデミズムを超える広い読者層を獲得している。
2003〜2015年、ランカスター大学に「モビリティ研究所」を設立し責任者を務めた。2015年、新たに「社会未来研究所」を設立し共同責任者となり、人生の最後の時間を“モビリティーズ・スタディーズ”の集大成としての“未来研究”にかけ、翌年の2016年に亡くなった。本書は、その最後の研究成果として結実したものである。