哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



偽装、捏造、安倍晋三

【内容】
いかに好景気は、でっち上げられたか?
景気動向は悪化し、ついにアベノミクスの破綻が始まった。その“ウソ”を徹底的に暴き、安倍政権にトドメの一刀を放つ!

“偽装景気”は、国を亡ぼす!
厚労省の統計不正が発覚し、実質賃金伸び率が実際にはマイナスであり、アベノミクスの経済効果とは、政権ぐるみの“偽装”だったことが明白になった。
そして、景気動向指数は「悪化」の一途を示し、実感のない“捏造”された好景気は、ついに破綻を始めた。
この“ウソ”で固められた政権と政策を、佐高信の筆刀が徹底的に斬りまくる!


はじめに「戦争は“統計偽装”から始まる」より
 まず指摘しておきたいのは、「戦争は“統計偽装”から始まる」ということである。
 戦争の時代を新聞記者として体験した、むのたけじは、「戦争をやるときは、敵国をあざむくけど、自国民も二倍も三倍もあざむく。戦争というのは、はじめから道徳と反対なんだ。ウソつかないとやれないのが戦争なんですよ」と喝破している。
 戦争と言わないで「聖戦」と言い、日本軍と呼ばずに「皇軍」と呼んだ。安倍首相の「美しい国」という言い方も、まさにそれと同じである。
 (……)
 その政権がバカ騒ぎをしたのが、改元騒動だった。スクープしたわけでもないのに、『読売』だけでなく『朝日』までが、元号決定の号外を出したのには呆れた。これでは「官報」だろう。
 かつて、自民党総裁となり首相となった石橋湛山は、戦後まもなく、「元号を廃止すべし」と主張した。どのメディアも、その元号廃止論を紹介することもなく浮かれている。
 腹立たしい限りだが、そんなバカバカしい風潮に、立川志らくが強烈な一発をかましてる……