哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆




バイアグラ時代 “魔法のひと粒”が引き起した功罪

【内容】
a幸福な解決策か、新たな不幸の創造か?

全世界に衝撃を与えた男性勃起薬! 誕生から10年、健康な性のあり方、男らしさ、女らしさの考え方はいかに変わったのか? 綿密なフィールドワークによって分析した初めての書。全米で話題騒然!

【著者・訳者紹介】
メイカ・ルー(Meika Loe)アメリカの社会学者。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で博士号を取得。現在、ニューヨークのコルゲート大学の社会学および女性学の准教授として、社会問題、ジェンダー、セクシュアリティ、医療に関する講座を教えている。
青柳伸子(あおやぎ・のぶこ)翻訳家。青山学院大学文学部英米文学科卒業。訳書にロブリー・ウィルソン『被害者の娘』(作品社、共訳)、ドリス・レッシング『老首長の国』(作品社)、ハミッド・ダバシ『イラン、背反する民の歴史』(作品社、共訳)など。