哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



歴史と生命
西田幾多郎の苦闘

【内容】
生誕150周年記念出版!
東西哲学の習合と止揚に時代の中で苦闘した西田哲学の不朽の全貌。

西田幾多郎は、日本近現代を代表する哲学者と目されてきた。その理由は、東洋の思惟に立ち、二〇世紀の西洋哲学に比肩しうる独自の体系的な思索を展開したからである。人文社会科学、自然科学の諸学を統合する総合的な学の論理体系を築いた哲学者も、西田幾多郎よりほかにいない。…西田がその哲学を歴史に開いたとき、無限の自由を求めてやまない人間の存在は、制約を与えてくる歴史と絶えず葛藤し、跳ね返すものでなければならないという考えに立っていた。…西田が問いつづけた問題群は、今日のわれわれに一層深刻化して突き付けられているともいえる。――「はじめに」より