哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



精神科医・安克昌さんが遺したもの
大震災、心の傷、家族との最後の日々

【内容】
NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)
被災者の“心の叫び”と取り組み、その5年後、
わずか39歳で逝った主人公のモデル・安克昌さん。

ドラマに登場する新聞記者(谷村)のモデルが描いた
「傷つきにやさしい社会」の実現を願う、
安さんの精神科医としての姿勢と生き方、
そして家族との最後の日々……

「少し長いまえがき」より
“心の傷を癒すということ”とは、どういうことだろう。
安克昌さんは、そのような問いを私たちに残して、若くして去った。(……)
(本書は)阪神大震災でみずからも被災しながら「心のケア」ムーブメントの中心的な役割を担い、「世界は心的外傷に満ちている」と書きつけてほどなくして、肝細胞癌のため三十九歳の若さで亡くなった安医師と、遺されたご遺族のしばらくの日々を描いたものである。(……)
 安医師が阪神大震災の被災地を奔走し、手探りし、ときに涙を流しながらつかみ取っていった『心の傷を癒すということ』への視点は、災害が多発するようになったその後の日本で、限りなく貴重な財産となった。
(……)
(安医師の)妻が三人目の子供を妊娠していることがわかってしばらくして、癌は末期の状態で見つかった。彼は入院を最小限に抑えて自宅に留まり、代替療法によりながら、妻と幼い二人の子供、そして生まれてくる赤ちゃんとすごした。産気づいた妻を産院に送り出したあと、タクシーでみずからが闘病していた病院に向かい、二日後、帰らぬ人となった。驚嘆すべき、そして尊敬すべき生き方だった……。
安克昌(あん・かつまさ)さんとは?
 阪神大震災において、神戸大学附属病院精神科医局長として、自らも被災しながら、全国から集まった精神科医のボランティアをコーディネイトし、精神科救護所・避難所などで、カウンセリング・診療などの救護活動を行なった。その後も被災者の心の問題と取り組みつづけ、大震災の一年後に、その臨床報告としてまとめた『心の傷を癒すということ』を刊行。この本は「サントリー学芸賞」を受賞した。神戸大学医学部講師、神戸市立西市民病院精神神経科医長を務め、心的外傷の治療のパイオニアとして活躍していたが、2000年12月、39歳の若さで肝臓ガンで死去した。
 阪神大震災25年目となる2020年1月、安克昌をモデルとするドラマ『心の傷を癒すということ』が、NHK総合テレビで、4回シリーズで放送。


【著者略歴】
河村直哉(かわむら・なおや)
産経新聞編集委員 兼 論説委員。1961年生まれ。広島大学卒業。著書に『地中の廃墟から――「大阪砲兵工廠」に見る日本人の20世紀』(作品社)ほか。