哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



ヴァルター・ベンヤミン「危機」の時代の思想家を読む

【内容】
「「進歩」の終焉、終りなきテロ・暴力、正義と法、ネット社会と言語・メディアの変容が問われる今、必要とされる“本物”の思想とは何か?

歴史と記憶、記号論、消費と労働、表象文化、都市空間……あらゆる思考の出発点、ヴァルター・ベンヤミン(1892-1940)の主要作品群『翻訳者の課題』『歴史の概念について』『暴力批判論』『複製技術時代における芸術作品』を徹底的に読み解く。

改訂版〈学問〉の取扱説明書』へ
現代ドイツ思想講義』へ
《日本の思想》講義』へ
危機の詩学』へ