哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



悪しき愛の書

【内容】
9歳での初恋から23歳での命がけの恋まで――
彼の人生を通り過ぎて行った、10人の乙女たち

バルガス・リョサが高く評価する“ペルーの鬼才”による、振られ男の悲喜劇。ダンテ、セルバンテス、スタンダール、プルースト、ボルヘス、トルストイ、パステルナーク、ナボコフなどの名作を巧みに取り込んだ、日系小説家によるユーモア満載の傑作長篇!


なぜこれまで僕が女の子たちに振られ続けたのか、長い長い紆余曲折の末に、ようやく悟った。それは僕がいつも、自分らしくないもの、あるいは自分がなり得ないものになろうとしたからだ。勇敢な男、スポーツマン、革命家、振付師、敬虔な信者、ローラースケーター、プロムのパートナー、ユダヤのセファルディ、上流階級の一員、そして最後はメキシコ人だ。もしもこれまで、僕が本当の自分をさらけ出していたら、彼女たちは僕を好きになってくれただろうか? もはやそれを確かめる余裕はない。なぜなら救い主がエルサレムに入城したとされるその日、すなわち今日、僕の殺し屋はセビリアに到着するのだから。(本書より)


【内容目次】
いつもほかの男と去っていった僕の愛しき戦友たち――もしくはスペイン版第三版・メキシコ版初版への序文
絵空事への弁明――もしくはスペイン版第二版・ペルー版初版への序文
プロローグ――スペイン語版初版への序文
第一章 カルメン
第二章 タイス
第三章 カロリーナ
第四章 アリシア
第五章 カミーユ
第六章 アレハンドラ
第七章 アナ・ルシア
第八章 レベカ
第九章 ニノチカ
第十章 イツェル
エピローグ
解説 リカルド・ゴンサレス・ビヒル


【著者・訳者略歴】
フェルナンド・イワサキ(Fernando Iwasaki Cauti)
1961年ペルー・リマ生まれの作家・歴史家・文献学者・評論家。長篇小説・短篇集・エッセイ・歴史書など著書多数。1989年よりスペイン・セビリアに在住。1996年から2010年まで文芸誌『レナシミエント』の編集長を務める。これまでにスペインの『エル・パイス』紙、『ABC』紙、『ラ・ラソン』紙、チリの『メルクリオ』紙、メキシコの『ミレニオ』紙ほか、スペイン語圏の有力紙に寄稿。1987年アルベルト・ウジョア・エッセイ賞を皮切りに、数々の文学賞を受賞している。邦訳に、『ペルーの異端審問』(八重樫克彦・八重樫由貴子訳、新評論、2016年)がある。公式ウェブサイト:http://www.fernandoiwasaki.com/

八重樫克彦(やえがし・かつひこ)
八重樫由貴子(やえがし・ゆきこ)
翻訳家。訳書に、フェルナンド・イワサキ『ペルーの異端審問』、フアン・アリアス『パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』(以上新評論)、カルロス・フエンテス『誕生日』、マリオ・バルガス=リョサ『悪い娘の悪戯』、『チボの狂宴』、マルコス・アギニス『逆さの十字架』、『天啓を受けた者ども』、『マラーノの武勲』、エベリオ・ロセーロ『無慈悲な昼食』、『顔のない軍隊』(以上作品社)、ハビエル・シエラ『失われた天使』、『プラド美術館の師』、『青い衣の女』(以上ナチュラルスピリット)ほか多数。