哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



誕生日

【内容】
過去でありながら、未来でもある混沌の現在=螺旋状の時間。家であり、町であり、一つの世界である場所=流転する空間。自分自身であり、同時に他の誰もである存在=互換しうる私。目眩めく迷宮の小説! 『アウラ』をも凌駕する、メキシコの文豪による神妙の傑作。

【著者・訳者紹介】
カルロス・フエンテス(Carlos Fuentes)1928年メキシコ生まれ。ラテンアメリカ文学を代表する小説家であり、批評家。邦訳のある著書に、『澄みわたる大地』(寺尾隆吉訳、現代企画室)、『老いぼれグリンゴ』(安藤哲行訳、河出書房新社)、『埋められた鏡』(古賀林幸訳、中央公論社)、『アウラ・純な魂』(木村榮一訳、岩波文庫)、『メヒコの時間』(西澤龍生訳、新泉社)、『遠い家族』(堀内研二訳、現代企画室)、『セルバンテスまたは読みの批判』(牛島信明訳、水声社)、『アルテミオ・クルスの死』(木村榮一訳、新潮社)、『脱皮』(内田吉彦訳、集英社)、『アウラ』(安藤哲行訳、エディシオン・アルシーヴ)、『聖域』(木村榮一訳、国書刊行会)などがある。2012年5月15日逝去。
八重樫克彦(やえがし・かつひこ)1968年岩手県生まれ。ラテン音楽との出会いをきっかけに、長年、中南米やスペインで暮らし、語学・音楽・文学などを学ぶ。現在は翻訳業に従事。訳書にマリオ・バルガス=リョサ『チボの狂宴』、『悪い娘の悪戯』、マルコス・アギニス『マラーノの武勲』、『天啓を受けた者ども』、『逆さの十字架』、エベリオ・ロセーロ『顔のない軍隊』、『無慈悲な昼食』(以上作品社)、『御者(エル・コチェーロ)』(新曜社)、『音楽家のための身体コンディショニング』(音楽之友社、すべて八重樫由貴子と共訳)
八重樫由貴子(やえがし・ゆきこ)1967年奈良県生まれ。横浜国立大学教育学部卒。12年間の教員生活を経て、夫・克彦とともに翻訳業に従事。