哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



史話 日本の古代 第二巻 謎につつまれた邪馬台国

【内容】
「戦争の世紀」といわれた二十世紀が幕を閉じ、私たちをとりまく国際環境は、従来とは全く異なった様相を呈しています。国際情勢が大きく変動する中で、今ほど日本の社会、日本人の本質が問われているときはありません。
グローバリズムが世界を席巻している現時点では、大戦後五十数年続いた国家の名前が消失したり、国家の概念そのものが大きく揺らいでいます。まさに人々がはじめて国を創り、国家体制を造りあげた古代の時代に相似しています。
周囲を波に洗われる日本列島ですが、決して隔絶された「島国」だったわけではありません。古代においては、近接する東アジアの国ぐにの影響を受け、あるときは大量の難民が流入し、あるときは先進文化をたずさえた人びとが多数渡来して新しい文化の基層をつくりました。またあるときは政変が起きて、社会と人びとの生活に変化をもたらしました。先人たちはどのような思い、方法で現代に続く「日本」を創ったのでしょうか。
科学が高度に発達した今日、有史以前の学説は炭素同位体による年代測定、花粉分析、DNA鑑定などにより、より正確に解析されつつあります。しかしながら、いかに科学的知識をもってしても、文化を創り、社会を形成するに至る古代人の心情の機微にまでは達することはできません。客観的資料の乏しい古代世界はいまだ謎とロマンに満ちており、新たな発掘や資料発見により従来の定説がしばしば大きく塗り替えられ、私たちの想像力はより一層かきたてられます。
本企画は、そうした歴史に対する想像力を踏まえた「史話」という観点から、歴史学や考古学、さらには人類学や民俗学の成果を紹介しながら、古代日本の「生きた姿」をアンソロジー形式で浮かび上がらせようとするものです。
指針なく方向の定まらない現代において、「日本の古代」をひもとくことは、「日本の未来」を切り開く鍵となるでしょう。

【内容目次】
はじめに(直木孝次郎)
倭人のおこり(金関丈夫)
戦争はいつはじまったか(佐原真)
戦う倭人――武器と戦法(松木武彦)
コラム 戦いのまつり、豊饒のまつり――弥生時代の絵画土器(藤田三郎)
わたしの卑弥呼(杉本苑子)
邪馬台国をめぐって(直木孝次郎)
コラム 「一支国」の中心部を掘る――原の辻遺跡(副島和明)
邪馬台国の政治構造(平野邦雄)
親魏倭王とはどのような王か(大庭脩)
倭の女王と交易(吉田孝)
コラム 有明海を通じた海外交流――吉野ケ里遺跡(七田忠昭)
「以て死す」(岡本健一)
邪馬台国への道程(松本清張)
古墳の出現と神獣鏡(岡村秀典)
邪馬台国は二ヶ所あった(大和岩雄)
気候変動からみた「邪馬臺国」(山本武夫)
コラム 倭人の食卓――冬夏食生菜(永山久夫)
暦のあけぼの(岡田芳朗)
日本列島に生きた卑弥呼たち≠ニその末裔(義江明子)
邪馬台国から倭政権へ(都出比呂志)