哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



随筆 万葉集 第一巻
万葉の女性と恋の歌

【内容】
令和によみがえる名エッセー
『万葉集』は千年以上昔の古典であるにもかかわらず、誰もが苦労せずに読め、自由に感慨をのべることができる。こんな古典のあることは、世界でも珍しい宝物ではないだろうか。そして、本書の筆者の何という豪華な、しかも長い歴史にわたる名文章家ぞろいであることか。――中西進


【第一巻内容目次】
入江泰吉「雲流るる空に」
上田正昭「布留の社」
山本太郎「山の辺の路」
堀内民一「高円の野の上の宮」
白洲正子「斎宮(いつきのみや)のたどった道」
岡野弘彦「秋山われは」
杉本苑子「挽歌」
山本藤枝「挽歌の二上山」
辺見じゅん「壬申の乱をめぐる女性たち」
西郷信綱「中皇命」
田辺聖子「恋の奴」
馬場あき子「野守はみずや・春過ぎて夏来たるらし」
犬養孝「有馬皇子・高市黒人」
齋藤茂吉「人麿の妻」
前登志夫「人麻呂の抒情――他界の眼」
橋本達雄「伊勢行幸の時京に留まる歌」
佐佐木幸綱「詩と自然」
都筑省吾「虹」
藤井清「月夜」
堀辰雄「『死者の書』――古都における、初夏の夕暮れの対話」
野島秀勝「万葉の恋の身振り」
中西進「万葉にあらわれた女とくらし」