哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



桐山襲全作品2

【内容】
疾風のように時代を駆け抜け、鮮烈な痕跡を刻んだ桐山襲の軌跡! 1986〜1992
遺稿「望みなきときにも」収録

連合赤軍を山に追いあげて自滅させた平和と繁栄の戦後社会は、桐山の死の直後から平成大不況に突入し、さらに「失われた二十年」を経過して、いまや貧困化による社会的荒廃を深めている。それと相即的に日本でも、二〇一一年のアラブの春やウォール街占拠をはじめとする国際蜂起に呼応するものとして、「3・11」後の叛乱」が闘われた。
いったんは忘却された〈68年〉、連合赤軍と東アジア反日武装戦線、そして桐山襲の諸作もまた、新しい世代に再発見される条件が整いはじめたのではないか。桐山作品が新たな読者に恵まれることを期待したい。
──笠井潔

【収録作品】
1小説
聖なる夜 聖なる穴
亜熱帯の涙
十四階の孤独
J氏の眼球
都市叙景断章
そのとき
リトゥル・ペク
プレセンテ
神殿レプリカ
S区夢幻抄
未葬の時

2評論・エッセイほか
《幻境》としてのオキナワ
学校怪談
恐ろしい話
崩御したまいし日
辺境Q地区から
永山則夫の孤独
闘癌つれづれ
無何有郷の光と暗澹
望みなきときにも ほか