哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



斎藤茂吉
声調にみる伝統と近代

【内容】
長谷川郁夫氏(文芸評論家)推薦の辞
すぐれた歌人がすぐれた鑑賞家、批評家であるのはいうまでもない。医学を通じて西洋近代科学思想の最前線に触れた斎藤茂吉は、自らの批評文に科学用語を頻用、それを活かした。ゆらぎ、屈折、波動など。これらの語が日本語の文脈のなかにいかに咀嚼され、どのように血肉化したか。その過程を丹念に辿って、茂吉特有の言語空間の真髄に迫った著者が一級の歌人への途を踏み出したことを喜びたい。