哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



そらにいんねん

【内容】
「こんな自分でよかったんや!」中之島病院を舞台にした、今より幸せな気持ちになれる、ハートフルなストーリー。立派な人も、誇れるところのない人も、泣いて、笑って、心の温度が2℃あがります。仏教のふたつの教え「空」と「因縁」など、新しい発見がいっぱいつまった、今こそ日本のみんなに読んでもらいたい一冊。

【内容目次】
第一章 朝の東病棟
第二章 恍惚の救世主(メシア)
第三章 菜の花談議
第四章 星空につつまれて
第五章 草原の香り
第六章 一番の思い出
第七章 ひかりの手
第八章 ゆっくり

【著者紹介】
山口康弘(やまぐち・やすひろ)1964年、奈良県明日香村生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。大阪市中之島在住。他の著書に『risa』(作品社)がある。