哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



薔薇畑で

【内容】
互いの感覚を超えた向こうにヴェールを織り上げる。その身体の言葉は欲望か、快楽か。 二人だけの対話は、肉体が言葉となり、そして肉をともなった交換のような、甘い快楽、官能の陶酔があったのだ。その快楽は次第に失望と裏切りと諍いに貶められ、後には零落した薔薇が残された。

石の花冠』へ
オフィーリアの月』へ
一本の葡萄の木』へ
メーテルランクとドビュッシー』へ