哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



私だけの東京散歩 山の手・郊外篇

【内容】
涙が出そうな何でもない風景が残る/羽田(鷺沢萌)。売れない頃、池の鴨を眺めては/吉祥寺(安部譲二)。著名人28人がそっと教える、初めての「私の散歩道ガイド」。地図付。写真=荒木経惟・飯田鉄・高梨豊

【内容目次】
売れない頃よく、池の鴨を眺めては……――吉祥寺 安部譲二
老人と孫が鬼子母神で、いつも戯れている町――雑司が谷 赤瀬川隼
古き良き東京の残像が漂う――新宿区・弁天町 出口裕弘
ただ歩いているだけで、何となく心なごむ池畔――洗足池 川村二郎
子供の頃の東京が恋しくなったら……――鎌倉 高橋洋子
僕の青春時代が埋まっている風景――沼袋 猪瀬直樹
せせらぎでカワセミを見た――津田山 皆川博子
故郷の山形より緑が多い――杉並・成田東 渡辺えり子
街と町%つの顔が魅力的――渋谷 ピーター・フランクル
どの部屋からも、光る海が見える――葉山 長井彬