哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆




幕末未完の革命 水戸藩の叛乱と内戦

【内容】
なぜ“勝者”になれなかったか?
茨城・水戸で政治活動家人生を経験した著者が、最後の将軍慶喜、桜田門外の変、天狗党、水戸学、知られざる凄惨な内戦など、未曽有の乱世の時代を詳細に分析、その謎にせまる。
現代日本への教訓に満ちた、刮目すべき、忘れられたもう一つの幕末史。


「藩主から郷中の農民に至るまで、藩を挙げて国難に立ち向かおうとする。幕政にたいする水戸の叛乱である。そして叛乱の必然のように、藩論は四分五裂に陥ってしまった。(……)「薩摩警部に水戸巡査」と評されたように、この維新の先駆け集団には、もう革命政府に提供できる活力と人材は残っていなかった。」(本文より)