哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



パレスチナ・ナウ 戦争・映画・人間

【内容】
 累々と横たわる死者たち。悲惨な自爆テロ。血だらけの少女のいたいけな眼差し。廃墟の映像。死者の数。破壊された家屋の数……。
 だがパレスチナは死者の数だけではない。そこに住む人々にパレスチナは日常であり、現実である。 パレスチナ、イスラエル、レバノンでの長期滞在者としての実見を基に、戦禍を生きる人々の真実の想いと生活を懇切に描く。

【内容目次】
はじめに
1.「テロ」の表象
 スピルバーグ『ミュンヘン』批判/自爆攻撃の諸相
2.多元化するイスラエル
 シオニズムと映画/メラーの裔
3.パレスチナの三人の映画監督
 ミシェル・クレイフイ/ラシッド・マシュラウィ/エリア・シュレイマン
4.戦争と映画
 アラブ映画祭のために/エミール・クストリツァと奇跡
5.パレスチナの表象と日本
 若松、足立とパレスチナ体験/現代日本のパレスチナ映像/岡本公三の肖像

【著者紹介】
四方田犬彦
1953年兵庫県西宮市生まれ。東京大学文学部で宗教学、同大学院で比較文学を専攻。現在、明治学院大学文学部芸術学科で、映画史を講じている。映画関連の著作としては、『電影風雲』(白水社)、『映画史への招待』、『日本の女優』、『アジアの中の日本映画』(以上岩波書店)、『日本映画史100年』(集英社新書)などがある。また編書に『映画監督 溝口健二』(新曜社)、『ゴダール・映像・歴史』(産業図書、共編)、『李香蘭と東アジア』(東京大学出版会)などがある。その他の著書に『漫画原論』、『貴種と転生・中上健次』(以上ちくま学芸文庫)、『月島物語』(集英社文庫)、『われらが〈他者〉なる韓国』(平凡社ライブラリー)などがある。訳書に『パレスチナに帰る』(エドワード・サイード著、作品社)、『メロドラマ的想像力』(ピーター・ブルックス著、産業図書、共訳)などがある。