哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



この映画を視ているのは誰か?

【内容】
アピチャッポン・ウィーラセタクン、黒沢清、ウェス・アンダーソン、ジム・ジャームッシュ、ホン・サンス、濱口竜介……。ホラーから、小説の映画化、ドキュメンタリー、パフォーマンスにいたるまで、「視ること」を通して世界に対峙する最前線の作家たち。その倫理と原理を読み解き、映画表現、ひいては人間の視覚経験そのものの根源/極限に迫る。


【内容目次】
この映画を視ているのは誰か?

第一部 映画幽霊論
Ghost in the Machine――アピチャッポン・ウィーラセタクン論
Beautiful Dreamer――アピチャッポン・ウィーラセタクン論2
視えないものと視えるもの――黒沢清論
視えるものと視えないもの――諏訪敦彦論
「ホラー映画」の内と外

第二部 現代映画の諸問題
救い主が嗤われるまで――ラース・フォン・トリアー論
ファンタスティック Mr.アンダーソンの後悔と正義――ウェス・アンダーソン論
からっぽの世界――ポール・トーマス・アンダーソン論
慎ましき「反知性主義」――ジム・ジャームッシュ論

第三部 カメラと視線の問題
反復と差異、或いはホン・サンスのマルチバース
FOR YOUR EYES ONLY――映画作家としてのアラン・ロブ=グリエ
彼女は(彼は)何を見ているのか――濱口竜介論
向こう側への旅――鈴木卓爾論
シネマの倒錯的(再)創造――七里圭論
なぜ私は『わたしたちの家』を自ら配給しようと思ったか?――清原惟論
不可視の怪物(リヴァイアサン)/二つの「コクピット」/第三の眼
孤絶の風景――沖島勲論
あとがき


【著者略歴】
佐々木 敦(ささき・あつし)
1964年生まれ。批評家。音楽レーベルHEADZ主宰。早稲田大学文学学術院教授や、ゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。映画・音楽・文学・演劇など、多数の分野にわたって批評活動を行なう。著書に、『批評時空間』(新潮社)、『シチュエーションズ――「以後」をめぐって』(文藝春秋)、『ゴダール原論――映画・世界・ソニマージュ』(新潮社)、『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『新しい小説のために』(講談社)、『アートートロジー――「芸術」の同語反復』(フィルムアート社)、『私は小説である』(幻戯書房)など多数。