哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

辻章著作集
川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



画商のこぼれ話

【内容】
贋物・模造品の氾濫、タナ牡丹話、藁しべ長者?……
美に憑かれた人々の喜怒哀楽を画商歴30年の著者が現場の体験を通して描き切る。
銀座「おいだ美術」女性社長の初エッセイ集!


美術品に携わる人々が集うアートの森――そこでは、さまざまな色の花が咲き乱れ、それらの花や木の間を、季節を謳歌する蝉たちの歌声が、絶えることなく流れています。その活気に満ちた歌声は、まるで素晴らしい合唱を聴いているようです。
しかしよく聴いていると、蝉の声も楽しげなものばかりではありません。生存競争に打ち勝った蝉たちの高らかな勝利の歌ばかりでなく、負けた蝉の悲しい声も混じっています。欺かれ居場所を失ってしまった蝉の恨みや憎しみの声や、成功を妬み、自分たちのテリトリーから追い払おうとして、ひそかにささやきまわる声も聴こえてきます。
好景気に酔いしれ、ただただ歌に明け暮れて過ごしていた時、突然襲ってきた嵐の前に、ひとたまりもなく森から消えてしまった蝉もいます。
アートの森は外から見ているほど、華やかで楽しい場所ではありません。(本文より)