哲学/思想/宗教

世界
日本
異端と逸脱の文化史

世界
日本

世界
日本

小説
時代/歴史小説
評論/エッセイ
詩歌

小説
金原瑞人選オールタイム・ベストYA
評論/エッセイ
詩歌

映画/演劇
音楽
美術
画集/作品集

スポーツ
ワイン/酒
趣味/実用その他

新約聖書 訳と註

本巻
別巻

川村湊自撰集
台湾セクシュアル・マイノリティ文学
ジェンダー研究のフロンティア
史話 日本の古代
八切意外史
宇宙大全/星座大全
知の攻略 思想読本
花の名随筆



モーツァルトの脳

【内容】
「音感」と「記憶」、「感情」をめぐる秘密。最先端の脳神経科学、心理学によって、万人を魅了してやまない神秘的な音楽創造の謎に世界で初めてせまった、全欧州話題の書。

「認められるのはモーツァルトの脳が子宮内の生命体だった時代から周囲の人たちによってつくられ、ついでかれ自身によって音楽芸術の天才になる熟練者の脳につくりあげられたことである」(本書より)

本書では、「天才脳」の仕組みを最新の脳神経科学で解剖。さらに、人生経験や感情の観点から、本人の手紙や関係者の証言などを読み解き、「天上の音楽」の秘密を明らかにしていく。